不動産に関する登記

売買や贈与による名義変更

 

司法書士への依頼分野でおそらく一番多いのが「売買」や「贈与」に関連する不動産登記です。

そこでの役割としては、名義変更をすることの他、利害関係の調整役という役割もあります。

そもそも買主と売主は利益が相反する関係です。

つまり、買主は「代金を払うから先に名義変更の書類を渡してほしい」と考えるのに対して、

反対に、売主は「名義変更の書類を渡すから先にお金を払ってほしい」と考えるものなのです。

一方が確実に義務(名義変更または代金支払い)を履行する状態となるまでは、それに対する反対履行は通常望めないものです。

そこでいつまで睨めっこをしているわけにもいかないので、その両者の相反する義務の橋渡し役として司法書士が登場するわけです。

司法書士が両者に課せられた義務、つまり、代金支払いの準備と登記申請の準備が、完全になったと確認した時点で同時履行の合図を掛けます。

抽象的な説明となりましたが、これが売買や贈与による名義変更における司法書士の役割となります。

何でも早くて便利な時代になったからこそ、確実性や安全性が担保されていなければなりません。

その一番重要な、確実性と安全性を提供できるのが、私たち司法書士です。


 

無料相談・お問合せ

どんなささいなことでも構いません。専門家が対応いたしますのでご安心ください。

06-6335-7396
受付時間 9:00~18:00(土日祝休)
06-6335-7397(24時間受付)